専門資格養成所┃心理カウンセラーや公認会計士になる為のステップ

勉強

試験突破の基本

勉強

公認会計士になるには、専門の試験に合格することが大切なことです。そこで、各科目に上手な勉強時間の割り振りを行って、苦手科目のカバーのみならず、点数をこぼす科目を作らないことが予備校の成果を高めます。

もっと知ろう

勉強時間の目安

カウンセリング

公認会計士は勉強を行って初めて合格できる専門資格です。合格率が極端に低い科目で、様々な学問を修得する必要性があることを踏まえると、毎日の勉強時間をなるべく確保すること、そして目安となる学習時間数への意識が重要です。

もっと知ろう

カウンセラーになるために

カウンセリング

企業や学校などで精神面で問題を抱える人が多くなっている現代において、心理カウンセラーの重要性が高くなっている。心理カウンセラーでは、心理学を学び資格を取得することで就職しやすくなるが、コミュニケーション能力の高さも重要になる。

もっと知ろう

メンタルケアの重要性

人気の職業

カウンセリング

心理カウンセラーの中でも臨床心理士は人気の職業の1つです。その中でも学校で児童・生徒などのカウンセリングなどを行うスクールカウンセラーなどが人気です。臨床心理士は日本臨床心理士認定協会の指定する大学院を卒業後、資格審査に合格する必要があります。心理カウンセラーは人気のため大学院の競争率は非常に高く、資格を取るのが大変な職業でもあります。現在はストレス社会とまで言われていて、学校のいじめ・上司からのパワハラなど様々な理由から心理カウンセラーに通う人が多くとてもやりがいがある仕事の1つだと思います。人の役に立ちたいという方は心理カウンセラーがおすすめです。
5年ごとに更新審査もあり、レベルアップの機会もあり、すごく奥が深い職業です。今後もストレス社会は続き、人間関係や上下関係に悩まされる人もとても多いと思います。なので、心理カウンセラーはとても必要とされています。話を聞いてほしいという人は多く、話を聞いてもらえると心が落ち着くという方が多いみたいです。最近では若者のメンタルが弱くなってきていています。更にストレスを抱えることが多くなっています。その原因としてネットが大きく関係しています。グループでチャットできるシステムなどが普及しているため、良い意味でも悪い意味でも会話しやすい環境ができています。これを利用することで友達と遠くに居ても簡単に連絡が取れることができるので、とても便利になりましたが、その分いじめなどに利用されるケースも多いみたいです。

昨今はココロにまつわる諸問題が社会的に注目されており、その中で心理面からサポートする専門家である心理カウンセラーの需要が高いことから、心理カウンセラーは人気を集めている職種の一つとなっています。心理カウンセラーはクライアント(患者)の話を傾聴し、言葉をはじめ言動から垣間見えるクライアントの特徴や問題を分析して解決につなげる高度な知識と技術を要します。最近では大学の心理学に関する学科、コースなどが増加し、更には通信制大学においても心理学を修めることができ、心理カウンセラーを目指す環境が整いつつあるともいえます。また、心理カウンセラー関係の資格も多く、中でも最も高度な資格である「臨床心理士」を目指す人も多くなっており、臨床心理士を養成する指定大学院の数も増加しました。
心理カウンセラーになるためには、単に心理学を修めるだけでなく高度な知識・技術を持っていることが求められます。よって、心理カウンセラーを業とするためには臨床心理士の資格を持っていることが要件となってきます。臨床心理士は指定大学院(修士課程または専門職学位課程)を修了した上で試験に合格する必要があります。しかし、最近では通信制の大学院においても臨床心理士養成の指定大学院があるため、働きながら臨床心理士を目指すことも可能です。ただし、演習や実習などもあるためある程度の期間に休みを取る必要があることを理解しておく必要があります。いきなり臨床心理士を目指すにはハードルが高い場合には、心理学の標準的な基礎知識・技術を習得したという証明にあたる「認定心理士」という資格を目指すのも一つの手段です。これも通信制大学の科目履修制度を利用することで目指すことができるから将来性が高まります。

ストレス社会と言われる現代日本では、心の不調を訴える人の数はどんどん増えていて、心療内科や精神科の予約もなかなか取れない状態といわれています。心のケアをする職業には、心療内科や精神科の医者の他に、カウンセラーやセラピストという職業があります。患者も老若男女様々です。現代ならではの幅広い悩みの種類や度合いに対応する心理カウンセラーが求められています。カウンセリングやセラピーの療法には多様なものがあり、近年は新しい療法が生まれ、その数を増やしています。カラーセラピーや箱庭療法は多くの機関でよく行われています。また催眠療法や前世診断など、スピリチュアルで非科学的と思われていた療法も、少しずつ浸透してきています。
従来のいじめや職場のストレスはもちろん、家族間トラブル、ネット上の人付き合いのトラブルなど、かつては考えられなかったほど多様な悩みが存在する時代なので、それ相応の人手も求められています。心理に関わる職業は、新しい定番の職になってきています。職場や学校の医務室に専属する心理カウンセラーも近年は珍しくなく、心理カウンセラーが働ける場所も増えてきています。

心理カウンセラー養成講座の数も多く存在します。資格取得が出来る講座とできない講座があるので注意が必要です。また、心理に関わる仕事も種類が多く特色があります。資格選びに迷ったら、どこで働きたいのか、職を通してどんな社会貢献をしたいのかをじっくり考えて講座を選ぶことが重要です。さらに、資格講座はいろんな学習方法を紹介しているサイトがあるので心理カウンセラーに限らず、司法書士試験、さらに公認会計士などの幅広い試験・資格情報を手にすることができます。